スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「葉道」はじめました。

ブログカテゴリに「葉道」をつくりました

わたしたちは植物の出す酸素を吸って呼吸していますね。ふだんはあまり気にかけないことかもしれませんが、人間が生きていく上で植物はなくてはならない大切な存在です。

植物のほうも、光合成には二酸化炭素が欠かせません。近年人類の排出するCO2が多すぎることが問題になっていますが、もともと、人と植物は、生きていく上でシンプルに強い絆で結ばれていたはすです。

そこで、身近な観葉植物を育てる際に、もっともっと植物に寄り添い、モノ言わぬコたちに愛情と信頼をもって忍耐強く接し、新たな発見をし、そして健康に育っている植物に接する日々を積み重ねることにより、わたしたちの心は、もっともっと豊かになれるのではないかと考えました。

思いつきですが、植物を育てるということを通じて自らの心を育み、精神を鍛え、より豊かな人生を歩むことを目的に、「葉道」とさせていただきます

これから記事を書いていきたいカテゴリのひとつとします。

さて、Grindelでは、オフィスやお店への御祝の観葉植物をおまかせでご依頼いただいたり、送り主様がビジネス御祝で観葉植物を贈りたいと希望された場合は、丈夫なドラセナや、ゴム系や、パキラ、などをおすすめしています。

できるだけおしゃれなものをと、樹形のおもしろいものをおすすめしたりもしますが、あくまでご依頼主様のご希望に沿い、分かる範囲の環境にも合いそうなものを選びます。

オフィスなどでは、できるだけ手がかからなくて、丈夫で長持ちしそうなものが良いでしょうが、ご自分で育てるものをお探しの方や、植物がお好きでいくつか育てておられる方へのプレゼントには、ちょっとくらい手がかかっても、育てがいのある個性的な植物が良いかもしれません

P1180790.jpg
アロカシア、おしゃれですね~、大きなエキゾチックな模様の葉っぱは、乾燥が苦手です。エアコンの風の当たるところには置かずに、葉には霧吹きをしてあげましょう。

P1180787.jpg
ポリシャスの繊細だけど意外に丈夫な葉っぱは癒しの和モダン。冬の寒さに気をつけて、10月以降は水やりを控えるのが良いそうです。

観葉植物は、性質を理解してあげて、そのコに合ったケアをしてあげたり、適した環境に置くことがコツだと思います。

世話にも慣れ、植物も環境に慣れてくると、だんだん心が通い合ってくるような気がするのが、ふしぎです。

お気に入りの植物に毎日話しかけるという方の気持ちも、わたしはなんとなく分かる気がしますよ

あ、今年植え替え、剪定などのお手入れが必要なコは、9月いっぱいまでに済ませましょうね。

肥料も適切に与えると、ツヤよく立派になりますよ


↓大阪市北区西天満のお花屋Grindelです。ブログランキングに参加しています。1日1ポチッ☆お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。